賃貸業者の仲介手数料について宅地建物取引法を引用し例文を使いながら簡単に説明した文章です。

賃貸は探すタイミングが大切

Back Number
賃貸は探すタイミングが大切

賃貸業者の仲介手数料って何

仲介手数料は賃貸業者の主な収入源になりますが業者ごとに金額を勝手に決めている訳ではないのです。宅建業法(宅地建物取引法)の第46条には、宅地建物取引業者(賃貸業者)が宅地および建物の売買交換の貸地の媒介または代理業務の受領できる報酬を定義されています。この報酬額は賃貸業者が宅地および建物の売買で受け取ることができる報酬を国土交通省からに告知に記されています。これらは賃貸業を営む際には必ず掲示しなければならないので見たことがある方も多いと思います。

では、賃貸業者さんが貸主と借主の両方から受け取る仲介手数料の合計額は、家賃一ヶ月分に相当する金額に1.05を掛けた(税込)と規定されています。そして依頼者(貸主または借主)のどちらか一方から受け取る報酬額は、依頼者の了承を得ている場合を除き、家賃一ヶ月分の0.525倍までの金額とされています。上記によると仲介手数料とは家賃一か月分と消費税を足した金額が上限になり、貸主、借主どちらからも受け取れると解釈されるので、両者から半々で良いのではないかと思いますが、ですが現状では必ず半々の折半ではないのです。実は仲介手数料のほとんどは借主が上限額まで負担しているはずです。それでは、貸主は負担がないのかと思われるかもしれませんが、こちらは広告代として別口で受け取るのです。こうして賃貸業者は利益を得ています。

RECOMMEND

Copyright (C)2017賃貸は探すタイミングが大切.All rights reserved.