初めて賃貸物件を契約する時に見落としがちな確認事項の説明文になります。抜けのない様にチェックしておきましょう。

賃貸は探すタイミングが大切

Back Number
賃貸は探すタイミングが大切

賃貸物件契約時の確認事項

賃貸物件を契約するには勿論、家賃の他にも沢山のお金がかかります。そんな中でも一番最初にご説明するのが『申込金』です。これは「借りる」という意思表示の為に支払うお金であり、そのお金は契約金の一部に充てられるのが一般的です。ちなみに申込金が必要な場合と、必要でない場合があります。しかし、ほとんどの場合は家賃の約1ヵ月分が必要となります。でも、安い金額ではないので、もし持ち合わせが無い場合は不動産屋さんに相談してみましょう。申込金がどの様な意味を持っているのか、キャンセルした場合戻ってくるのかを再度確認し納得した上で「借りる」という、意思表示をする為に預けましょう。預けた際に必ず領収書(預かり証)を受け取る事を忘れずに!(キャンセルした時にお金を返してくれるという約束がある場合はその書面も、可能であればもらっておきましょう!)

次に敷金・礼金です。この言葉は聞いた事があるかと思います。確認の為に敷金とは、大家さんに修繕費や家賃滞納などに当てる費用の目的で預けるお金の事です。一般的には家賃の2ヶ月分とされているケースが多いです。次に礼金とは、大家さんに対しての感謝と謝意を込めて支払うお金になります。一般的にはこちらも家賃の1〜2ヶ月分が相場です。たまに『金融公庫融資物件』や、長期間空いている部屋や大家さんの考えで礼金なし。というケースもあります。ちなみに礼金は退去時には戻るものではありません。

この様にお金の事が沢山あるので、目の前が詰まってしまいますが、一番大事な引越しまでのスケジュ-ルの確認も忘れずに行いましょう。具体的には「いつ、どこで契約をするのか」「契約時に保証人が立ち会うのか」「いつまでに書類を揃えたらいいのか」「いつから引越ができるのか」などです。確かにお金の用意も大変ですが、荷物の整理も同じ位大変な物です。特に実家からの一人暮らしの方はまだ良いですが、単独アパートからの引越しの方は、退出する部屋を何もない状態にしないといけませんので、スケジュールの確認はとても大切になります。
Copyright (C)2017賃貸は探すタイミングが大切.All rights reserved.