賃貸物件から退去する時には、原状回復としてクリーニングや畳交換、壁紙やフローリングの張替えなどが行われます。

賃貸は探すタイミングが大切

Back Number
賃貸は探すタイミングが大切

賃貸退去の時の敷金清算について

賃貸物件から退去する時には、新しい人の入居にそなえて部屋の原状回復が行われます。原状回復というのは、室内を入居時にできるだけ近づけるという意味です。原状回復の基準、どの状態にまで室内を戻すかについては所有者である家主や管理を受け持つ不動産会社の考え方次第で変わりますが、室内のクリーニングや畳交換・ふすまの交換・壁紙およびフローリングの張替えなどは一般的に行われる原状回復です。これらの費用のうち、借りていた人の通常の使用を超える使い方による汚損については借り手が自己負担することになり、ここで敷金が充当されます。

ハウスクリーニングというのは、住宅を専門に扱う清掃業者による清掃です。引越しをする前にできるだけ室内の掃除をしておくことで、ハウスクリーニングの原状回復費用を抑えることが可能です。畳やふすまの交換は、ほぼ全てのケースで行われます。壁紙やフローリングについては、入居した時に比べて著しい汚損があると張替えが行われます。壁紙は自然な劣化でも汚れますが、喫煙による汚れや電化製品やけ、落書きなどのために張り替えられるケースも多く見られます。ですから、普段から汚れをためこまないようにできるだけ丁寧に掃除をしたおくことが退去時の原状回復費用の節約につながります。なお、ペットを飼っている場合にはどうしても原状回復費用を高く請求される傾向があります。

RECOMMEND

Copyright (C)2017賃貸は探すタイミングが大切.All rights reserved.