賃貸物件を探す上で気になる「敷金」と「礼金」。それぞれの違いを理解した上でお部屋探しをすることが大事です。

賃貸は探すタイミングが大切

Back Number
賃貸は探すタイミングが大切

賃貸物件の敷金(保証金)と礼金(敷引)について

賃貸情報を見る際に「家賃」にばかり気を取られて、実は見落としがちな「敷金」「礼金」。最近では「敷金礼金0」を謳う物件も多くありますが、では具体的に「敷金」「礼金」とは何なのでしょうか。「敷金」とは入居者が大家さんに預ける担保金のようなもので、入居期間中に入居人の不注意で部屋の修繕が必要になった場合や、家賃を滞納してしまった場合などに、敷金から修繕費や家賃が差し引かれるわけです。入居期間中に上記のようなトラブルがなければ、退去時には全額返金される仕組みになっています。

「礼金」とは文字通り、部屋を貸して頂く大家さんに対する謝礼です。こちらは敷金と違い、返金されることはありません。地域によって異なりますが、関東では家賃2ヶ月分が相場と言われています。古くから続いている慣習ですが、現在では礼金の一部が不動産屋に紹介料として支払われることが多いです。西日本の一部地域では、礼金の代わりに「敷引」と言って、退去時に敷金(保証金とも)の内の家賃数ヶ月分を差し引いて返金するという特約が予め結ばれていることもあります。その分敷金(保証金)が高額になっていることが多いです。

「敷金礼金0」という謳い文句はとても魅力的に映りますが、特に「敷金0」の物件では、ハウスクリーニング代や鍵交換代などの別名目で支払いを請求されるケースが数多くあるようです。入居者からの担保金がなくなってしまうと、大家さんが修繕費などを負担しなくてはいけなくなる他、万一入居者が夜逃げなどで忽然と姿をくらましてしまった場合に未払いの家賃を取り立てることなども難しくなってしまいますからね。敷金、礼金、それぞれの違いを理解した上で、自分に合った条件のお部屋を探しましょう。
Copyright (C)2017賃貸は探すタイミングが大切.All rights reserved.