空き家賃貸活用で相場より低い家賃設定で借主負担は収入確保で確定申告の手間を軽減するということ

賃貸は探すタイミングが大切

Back Number
賃貸は探すタイミングが大切

空き家賃貸活用の借主修繕負担策は貸主の手間を軽減させる

人口減少社会や少子高齢化などの問題からか全国的に空き家が目立ち始めるようになっている昨今ではその空き家対策をいかにするべきかについて悩んでいる自治体や周辺住民が多くなってきています。なぜなら空き家を放置していたら老朽化の加速による自然崩壊や防犯や防災上の問題になりかねないからです。そこで空き家を利用しての賃貸活用が対策の1つの案として挙げられますが、しかしこれの活用は老朽化した住まいに住んでくれる人はいるのかという課題と同時に修繕費用に多額の経費がかかるという問題からか先にリスクを負いたくない所有者が手を出しにくくさせている要因の1つになっています。というのは賃貸住宅というのは小規模な修繕を除けば大規模な修繕は貸主が行うのが当たり前だったし借主が要求したら貸主はそれに答える必要に迫られていたからです。

しかしながらこれでは空き家問題の解決にならないということで国土交通省は個人が所有していた特に一戸建ての空き家を賃貸活用する際のガイドラインの整備に乗り出しました。それによるとこれまでは家の修繕は貸主負担が通常だったところ、周辺相場よりもぐっと安くするならば借主負担にさせてもいいという内容であります。さてこの案は貸主にとっては非常にある意味ではありがたい案なのです。というのは空き家を貸すという行為は商売ではありますが、大半はローンの返済は終わっている物件ですのでローン返済など1円でも多く稼ぐための商売として必死になる必要はないからです。そのため周辺相場よりも敢えて低く抑えて修繕は借主負担にさせますと、毎年の確定申告の際に申告の手間を軽減させるメリットがあるのです。というのは修繕などが発生するとそれを経費として証拠の領収書などを添付して提出する手間がかかりますし、認めてもらえるかどうかもわからないリスクがありますが、借主負担だとそのような手間が減るので確定申告も楽になる可能性を大いに増やすからです。

RECOMMEND

Copyright (C)2017賃貸は探すタイミングが大切.All rights reserved.